建設汚泥リサイクル技術

はじめに
 当組合には、環境負荷低減を図るリサイクル技術・システムとして下記の内容の技術があり、建設工事にかかわる皆さまのリサイクル推進のお手伝いを致します。

  1. 高含水土固化リサイクルシステム
    建設泥土や浚渫土などの泥土を粒状固化処理するシステム
  2. 流動化処理システム
    発生土や粒状固化処理土をエースサンド工法により流動化させ、高強度(3〜10N/mu)の流動化処理土を生成する技術
  3. 中性固化処理システム
    非自硬性汚泥や浚渫土などを中性域で固化処理する中性固化処理
  4. 強アルカリ土壌の中和処理システム
    自硬性汚泥処理土などの強アルカリ土壌の中和処理

処理土の用途
 当組合のリサイクル技術により処理された処理土は、幅広い用途にご使用になれます。
 
利用用途 処理対象物
高含水土固化
流動化処理
中性固化
中和処理
埋戻し 自硬性汚泥
非自硬性汚泥
浚渫土
盛土 自硬性汚泥
非自硬性汚泥
浚渫土
盛土(緑化) 自硬性汚泥
非自硬性汚泥
浚渫土
客土(造園) 自硬性汚泥
非自硬性汚泥
浚渫土
強アルカリ性土壌
耕土(農業) 自硬性汚泥
非自硬性汚泥
浚渫土
強アルカリ性土壌
充填・埋戻し
(流動化処理)
高含水土固化処理土
発生土
※△は処理対象物の有機質の含有量が高い場合に使用。

▲ページの上へ