建設汚泥リサイクル技術

エースサンド工法による流動化処理土建設発生土・高含水泥土を流動化処理し、狭隘部などの充填・埋戻しを行います

概要
建設発生土や高含水泥土を原材料に、固化材・水・混和剤を加えて流動化処理し、構造物の背面や狭隘部など転圧や締固めが困難な箇所を完全に充填する工法です。





特長
  • プラントはコンパクトで、施工能力が大きく小規模工事にも対応可能
  • 流動性がよく、隅々まで充填可能。複雑な地形にも対応可能
  • 流動性・強度を任意に設定可能
  • 圧密沈下や液状化現象対策に有効
  • 一般の流動化処理土は、泥土または粘性土を解泥したものに固化材を混合するに対し、砂質土に水とセメント、起泡剤等の混和剤を混合するもので、単位水量が少ないためセメント使用量が少なく、発生土の使用率が高い
  • 砂質土はブリージングしやすく圧送の際、管の閉塞が起こりやすいため、少量の気泡等を混入することによりブリージングを防止


処理フロー

本システムは次のフローに従って処理を行います。



1.泥土投入・供給
2.混練作業(流動化処理)
建設発生土や高含水泥土をバックホウで発生土供給装置に投入しベルコン等で特殊連続ミキサーに供給します。
投入された泥土に水(又は泥水)及び固化材(セメント等)を添加・混練後、特殊混和材を添加・混練します。
 
3.ポンプ圧送
 
4.再利用
 
混練された流動化処理土は、ポンプ車などに投入され圧送されます。
 
流動化処理土を構造物の背面など所定の場所まで送り、打設します。



処理土の用途

構造物の背面や狭隘部など転圧や締固めが困難な箇所に使用可能です。








▲ページの上へ