組合について

強アルカリ性土壌の中和処理(Dr.pH)強アルカリ性の土壌を中和します

概要
 本工法は、pH中和剤(Dr.pH汚泥用)を使用し、改良土や自硬性汚泥などの強アルカリ性土壌を中和処理する技術です。強アルカリ性の改良土及び自硬性汚泥や汚泥処理土などを中和処理します。


特長
  • 対象物と中和処理剤を混合後、3日〜7日程度でpH値は安定します
  • 自硬性汚泥などは中和処理後の使用用途が拡大します
  • 土壌環境基準に対応しています
  • 自硬性汚泥、石灰改良土の中和処理

処理フロー



排泥
イーキューブシステム
(中性固化材利用)
曝気養生
中和処理
中性改良土の利用

曝気養生効果
事例1
 処理し仮置きしてある自硬性汚泥を3〜5日毎に攪拌(曝気)したときのpH値の推移です。当初のpH=13.0程度から50日後にはpH=11.0前後を示しています。 これは、気中の二酸化炭素と汚泥中の強アルカリ性の水酸化カルシウムが反応し、pHがより低い弱アルカリ性の炭酸カルシウムに化学変化することによります。
  Ca(OH)2 + CO2 → CaCO3 + H2O

事例2
 SMW工事にて発生した自硬性汚泥(発生時pH=11.8)の、各曝気養生期間に対するpH=8.5まで低減するまでの中和剤(Dr.pH汚泥用)の使用量との相関を示したもので、曝気養生期間に比例して中和剤(Dr.pH汚泥用)は低下傾向にあります。これは、曝気養生によってコスト低減に大きな効果を示すものと言えます。



製品の分析データ(土壌環境基準)


試験結果報告書
平成15年環境省告示第18号による溶出試験及び平成15年環境省告示第19号による含有量試験ともに指定基準を満たしています。


<参考>
土壌、泥土のpHに関するガイドライン
1.造園・緑地等
●国土交通省建築工事監理指針:植栽工事 pH8.0以下が望ましい
●日本造園学会植栽基盤整備マニュアル:pH8.0以下(分級 良)
●社団法人日本道路協会道路緑化基準:pH8.0以下
2.環境関連
●水質汚濁防止法排水基準:pH5.8〜8.6
●環境基本法環境基準:河川、湖沼pH6.0〜8.5  
                :海域pH7.0〜8.3
3.土木関係
●国土交通省建設泥土の再利用に関するガイドライン:アルカリに留意
●徳島県県土整備部「建設泥土の再利用」:pH5.8〜8.6
●滋賀県「建設副産物処理基準」:処理土のpH5.8〜8.6
●愛知県建設部「建設泥土の環境に対する安全性」:pH5.8〜8.6


処理土の用途

推進泥土の農地嵩上げ
トンネルズリ 盛土
SMW排泥 埋戻し
公園の造成
浚渫土 堤防(緑化)
浚渫土の客土化タンク埋設(緑化)


▲ページの上へ